はじめての体験には失敗がつきもの。「失敗」よりも「体験」を意識したい

  • URLをコピーしました!

子供がはまっているモルカー。
モルカーの羊毛フェルトをはじめて作ってみました。
が、失敗です(写真のとおり)。
羊毛フェルトに限らず、この「はじめて」には失敗はつきものです。
独立してからでは特にこの「失敗」を気にしすぎないようにしたいものです。

目次

失敗しても何かしら得るものがあればそれでいい

モルカーの羊毛フェルトには説明書(つくり方)がついています。
一応、説明書を見ながら作ってはみましたが、このありさま(↓)。



一方、妻はわたしに先んじて モルカーの羊毛フェルト を作っています。
すでに3つです(かなりうまい)。
今日、息子が学校でわたしのつくった”シロモらしきもの”を先生に見せたところ、先生は爆笑してくださったらしく。。

失敗しても、何かしら得るものはあるんだなと改めて感じました(今回は”爆笑”とブログのネタ)。

これって、仕事にあてはめてみると「何かしら得るものがある」という意味では、同じことがいえますね。

逆にいえば「何かしら得るものがある」のであれば、
失敗はむしろ、”したほうがいい”ともいえるかと(しないにこしたことはないんですが)。

失敗を怖がっていては先には進めない

独立してからというもの、お金の不安と同じくらい仕事で失敗しないかという不安(怖さ)は勤務時代のそれと比べものになりません。
かといって、行動しないわけにはいきません。

お金の不安は、日々の経理(家計と個人)と売上をあげないと和らげることはできません。
日々の経理で守備を固め、売上で攻撃しなければなりません。

サッカーも守備だけ固めて例え失点を0にできたとしても、それでは勝つことは決してできません(PK戦はありますが)。

これは独立してからも同じことがいえます。
失敗を恐れすぎるあまり、仕事を受けない、売上をあげない のは非常にもったいないことです。
むしろ、失敗による経験値を貯めれるチャンスと考えましょう(もちろん、どうしても嫌いという仕事でなければですが)。

はじめての体験に失敗はつきもの。1日1新はその訓練にもなる

はじめての体験では、失敗しないほうが難しいものです。
むしろ失敗はつきもの。しかも得られるものが何かしらあるはずです。
過度に失敗を恐れず、はじめての体験にどんどんトライしていきましょう。
先駆者の方からおすすめの「1日1新」は、その訓練にもなっておすすめです。

ちなみに、購入したモルカー羊毛フェルトはこれです(↓)

  • URLをコピーしました!
目次