「段取り8割」で考えていること

  • URLをコピーしました!

「段取り8割」とよくいいます。
この「段取り」について考えていることを書いていきます。

目次

独立する前の段取り8割

独立する以前は監査法人、その前は建設業でサラリーマンをしていたわたし。

今回の「段取り8割」。
この言葉をはじめて知ったのは新卒で入社した建設会社でした。

当時の上司から
「仕事は段取りが8割。段取りで仕事の良し悪しが決まる!」
とよく聞かされていました。

これは確かにそのとおりで、今でも変わりません。

仮に段取りが3割くらいだった場合、
不足の段取り5割分をやりつつ、残りの本番の仕事2割をこなさなければなりません。

つまり、本番の仕事の質に影響してしまうわけです。

建設会社(施工管理)の段取りでは、
例えば、
工事のスケジュールと出入り業者(鉄筋、生コン、内装、水道、空調etc)、資材の納期など。
多岐にわたります。

段取りの出来きが工期だけでなく、関係する業者にも影響します。


そして、監査法人時代。
職種は変われど、やっぱり「段取り8割」には気をつけていました。

監査法人なので、監査が主な仕事です。
その段取りには、
・クライアントへの資料依頼
・会計論点の検討
・どうやって監査するか手続の検討
・ミーティング(内部、クライアント)
など、多岐にわたっていました。

段取りが十分でないと、本番の監査手続をしつつになるので、
やはり、段取りは欠かせません(現実的に難しい状況がありますが)。

独立してからの段取り8割

独立前の仕事で共通する「段取り」に対するイメージは、

・さぼると、あとになってしわ寄せがくる
・そして、疲弊する(双方ともに)

ということ。

わたし的には、
あとになって焦ったり、冷や汗をかく、そして疲れ切ってしまう
こういった事態は是が非でも逃れたいタイプで。

なので、段取りはさぼらないようにしていました(なるべく)。

独立した後も、この「段取り8割」は変わらず意識し続けているものです。

そして、
ひとりで独立しいるからこそ、意識もしやすいのかもしれません。

・売上は食べていく+αを目指す
・ひとり事務所(人は雇わない)
と考えています(記事執筆現在)。

このように考えているので、
勤務時代のように「他」の仕事、「他」のメンバー、そして上司を気にする必要がありません

仕事量と(直接的な)仕事時間は自分でコントロールするわけなので、
「段取り8割」も自分次第なわけです。

独立して段取りがやりやすくなったという感覚はあります。

いっぽうで、
「段取り」にはリスクもあったりします。

ひとつは
・「段取りは、想定ありき」ということ

つまり、
想定して、段取りする
とも言えるわけです。

例えば「去年とほぼ同じで変わらないだろう」という想定。

この想定でいくら段取りしたとしても、
いざ、ふたを開けてみれば、「実際は全然違った」なんてこともよくあります。

そしてもうひとつは
・「段取りだけでは売上はたたない」ということ

これは、あたり前といえばあたり前ですが、
いくら段取りに時間をかけたとしても、それだけでは売上にはなりえません。

「段取り」はあくまで「段取り」に過ぎません。
実際のサービスの提供があってこそ売上になるわけです。

段取りにいくら時間をかけ、段取り8割ができたとしても、
お客様のためになっていなければ、その段取りにそこまでの意味はないかもしれなません。

つまり、ただの自己満足になっていないか ということです。

長くなってしまいました。。

結局のところ、独立してからの「段取り8割」に対する考え方は、
・時間
・お客様
この両者のバランス
が非常に大事だと考えるようになりました。

そして、はじめての仕事の場合は、来年につながることならじっくり段取りしておく
ということも。です。

「段取り」ってそもそも何のため?

「段取り8割」について、独立する前後について書いてみました。

結局のところ、
「段取り」って何のためにするの?

という所に行きつくのかと。

・サービスの提供(売上)をいかに効率よく提供できるか
・その結果、お客様のためになっているか


ここのところを意識した「段取り8割」にしたいものです。

■編集後記
今日は会計士業で外出。ちょっと汗ばむくらいの気温でした。
個人的にはこの時期が一番好きです。
夜は息子とカーヴィーディスカバリーの続きを。

■息子(8歳2ヶ月)
週末は初めて息子と札幌ドームに(日ハム観戦)。
野球自体は好きみたいでしたが、観戦自体は長続きせず
1回の表裏観戦→ドーム内探索→6回表裏観戦。
さすがに飽きたようで6回終了して帰ることに。
ドーム内探索では、子供用の縁日のような体験コーナー(ヨーヨーすくい、射的、かたぬき)を楽しみました。

■週末の1日1新
・土曜:息子と日ハム観戦(札幌ドーム)
・日曜:とある会員登録
■1日1新
・とあるチケット購入
・チーズケーキ(登別第一滝本館)

  • URLをコピーしました!
目次