独立後のタスク渋滞から逃れる方法。「何をやめるか」がはじめの一歩

JRあさひかわ駅
  • URLをコピーしました!

独立後は「何をやるか」は大事ですが、それ以上に「何をやめるか」を意識するようにしています。
その理由を書いてみました。

目次

独立すると「やること」で渋滞する

独立すると、やることは山ほどあります。

勤務していた頃は、組織や会社から与えられた仕事をこなせば、決まった給料はもらえるでしょう。

ただ、ひとりでの独立となると、じぶんですべてこなさなければなりません。
目の前の仕事はもちろんですが、そのほかにも発信などの営業や日々のお金、経理も欠かせません。

そして中長期的なことも。
スキルを磨いたり、勉強したりもそうですが、
興味があったり好きなことであれば、新しいことでもチャレンジしていきたいもの。

「独立なんて・・・」、「独立して何をすればいいかわからない」という方もいらっしゃいますが、そこはあまり気にしなくてもいいかと。

「何をやるか」に不自由はしなくなるはずです。

むしろどちらかというと、
「何をやるか」より「何をやめるか」が個人的には大事かなと考えてはいます。

「何をやるか」も大事だけど

独立すると、はじめてのことも多いので、ついつい、いろんな情報をシャワーのごとく浴びてしまいがちかもしれません。

今の世の中、そういった情報は割とかんたんに入ってきますから。

もちろん情報収集は大事ですが、そうした受け身の状態は、結果的にじぶんが疲弊してしまいます。
・あれもやらなきゃ
・これもやらなきゃ
といった具合で。

これではすぐに「やること」に追われ、時間はいくらあっても足りません。

独立してフリーランスという道を選ぶ人は、とくに意識しなくても「何をやるか」は自然と考え、行動するはずです。

むしろ「何をやるか」で渋滞となってしまわないよう、
「何をやらないか」をすぐ判断できるようにしておきたいところです。

独立すると「何をやらないか」は自分で決められる

独立してひとりで仕事すると、すべてじぶんで判断し行動しなければなりません。

「しなければならない」と書きましたが、言い換えれば「自由」ということ。

・どこで仕事するか
・何時から仕事するか
・いつ休むか
・何を買うか
をどう決めるかはじぶん次第です。

そして、今回とりあげた
・何をやらないか
を決めるのもじぶん次第。

独立すると「やるべきこと」だけでなく「やりたいこと」も大事にしたいもの。

人生が無限に続くのなら別ですが、そうではありません。

だからこそ、
「何をやらないか」は考えておきたいものです。

■編集後記
今日は朝タスクのあと、会計士業。
朝起きると猛吹雪で外の景色が何も見えずでした。夜の気温は約△11℃のようです。

■息子(8歳9ヶ月)
今日はヘルパーさんが通学に付き添っていただける日でした。
猛吹雪でしたが、車だったのでありがたかったです。

■1日1新
・マネケンのベルギーワッフル(プレーン)

  • URLをコピーしました!
目次