集中タイムに割り込まれたら。断固たる決意で防御するしかない

JRさっぽろ駅ホーム
  • URLをコピーしました!

集中しているときの「割り込み」にどう対処するか。
ここ数日での体験から、改めて「断固たる決意」が大事だなと感じたことをまとめてみました。

目次

ひとり仕事の集中タイム

毎朝、今日やるべきこと、やりたいことなどを決めています。
それぞれどのくらいの時間がかかるかを5分刻みで見積り、実績にかかった時間と予実差をわかるようにしています。

1個あたりのタスクは短かくて5分、長くても60分に分けています。
長くするとつい、ひとつのタスクにだらだらと時間を使ってしまうためです。

試行錯誤しながら、今のところ集中が続くのがこれくらいなのです(会計士試験のときはもっとありましたが・・・)。

一球入魂ではないですが、時間を刻み、タスクを分けて、目の前のタスクに集中する感じです。

そのために
・集中タイム中にメールは見ない(気ままにメールチェックはしない)
・LINEやSNSなどの通知オフ(家族からのものは除く)
・電話は原則使わない(緊急時などの例外はあり)
・FAX置かない

といったルールにしています。


ところが、
ここ数日、手ごわい強敵が現れました。

集中タイムといっても割り込みはある

集中タイムをねらっているかのように、いわゆる「割り込み」はありますよね。

それこそ、わたしは自宅で仕事することも多いわけですが、自宅だとAmazonの配達、宅急便で「ピンポーン」はよくあります。
これは、”受け入れるべき割り込み”で、今回で取り上げる「割り込み」とは思っていません。
ほぼこちらが注文したものを届けてくれたわけですから。

お客様からの緊急時の連絡も。
すぐに伝えていただける分、逆にありがたいことです。

家族とのやりとりはもちろん「割り込み」ではありません。


ところが、ここ数日続いたのが、「営業メール」+「営業電話」。


こちらの都合お構いなしに一方的にやってきます。

その営業とは、とある税理士紹介会社からのものです。

税理士紹介会社とは、一般的には「顧問先を紹介するけど、代わりに紹介料払ってね」というもの。


実は1年くらい前にも同じ連絡があり、話を聞いてしまったわけです。
「そういうのやってないんで」と断りましたが。

今回は別の担当者からの電話でした(ふかくにも出てしまい・・・)。
電話でわざわざ「メールも送ったので」と。

その後その上司と思われる人からのメール。

あまりにもキリがないので止む無く、
「興味ないし、紹介いらないので」と断りのメールを返信したわけです。

それから数日、とっかえひっかえいろんな番号から電話がきました(約10回)。

もちろんでません(念のため、ネットで番号を検索し確認はします)。


まあ、ある意味しぶとい強敵だったわけです(わたしにとっては)。


こういうことがあると、やっとのことで作り出せた時間も台無しです。

とはいえ、嘆いてばかりもいてもはじまりません。。

これを糧(ネタ)として、改善していくほかありません。

断固たる決意で防御する

営業電話や営業メールを完璧に防御できるかといえば、それは難しいでしょう。
営業する側としては、やり口がどうであれ、その営業を仕事としてやってるわけですし。

そういう相手だからこそ、こちらがあいまいな態度をとってしまえば、
脈ありとみて、どんどん営業してくるのはむしろ当然です。

こちらはもちろんですが、相手にとっても、時間を浪費することになってしまいます。
(まあ、今回の事例では一方的でしたが)。

集中タイム、タスク管理、その成果でやっとつくれた時間は死守すべきもの。

だからこそ、
”(礼節をわきまえて)きちんと断る”
ことが大事ですね。

自分との約束=断固たる決意 を守るためにも、
「やらないことリスト」を毎日見る、染みこませる習慣は大事ですね。

■編集後記
昨日は朝タスクのあとはオフ。家族で近所のショッピングモールへ。
今日は朝タスクのあとは会計士業で外出。
この時期は天気がいいほど寒いです。

■息子(8歳9ヶ月)
きのうは近所の行きつけのショッピングモールでおもちゃ屋さん、星のカーヴィ-のUFOキャッチャーを。
おもちゃ屋さんでは、誕生日プレゼントの候補になってる「ぷにるんず」のお家セットを探しましたが、在庫がなく。
予約もできないということだったので、ちょこちょこ通って入荷チェックしようかと。
星のカーヴィ-のUFOキャッチャーは10回やって1個とれました。「目をつぶってるワドルディをトルっ!」との息子でしたが、10回目でやっと取れました。

■1日1新
・とある知識系の勉強
(週末の1日1新)
・とあるリストの作成
・ぷにるんずのおうち探し

  • URLをコピーしました!
目次