「定期的」と「放置」は隣り合わせ。お金(経理)で見ておくべきこと

ずらっと並んだ処方薬
  • URLをコピーしました!

「定期的に」やることのひとつにお金の管理(経理)があるかと思います。

その定期的もできれば毎日、放置する日が短いほど、傷口も浅くてすむ可能性があります。
その最低限の処方箋は というおはなしです。

目次

放置すると傷口は広がっていることも

だいぶ雪が溶けてきたので、久しぶりに洗車しました。
前回洗車したのは12月頃。
雪解け水などでだいぶ汚れてきていたので、いいかげん洗車しなきゃと。

洗車は数か月に1回くらいの頻度ですが、
そのたびに気付きがあったりします。
あれっ?こんなとこにキズが・・・ということも。

今回の洗車で気付いたのは、後のドアに傷。
キズだけならまだマシでしたが、傷から塗装が剥げており若干錆びが・・・

おそらく飛んできた小石でキズがつき、傷口が悪化してしまったようです。

原因は言わずもがな「放置してしまったこと」です。
もっとこまめに洗車してれば、ここまでひどいことにはなっていなかったかと。

こういったことは何も車に限ったはなしではありませんね。

傷口を広げないための最低限の処方箋

車の洗車はさて置き、
放置してしまうこと自体、何かとリスクは大きくなりやすいものです。

からだの異変、人間関係でこういったことは避けたいところですが、
職業柄、例えるなら
・お金(数字)の異変
でしょう。

年度末の決算になって「あれっ!?」となるような異変に気付くというのは避けたいところ。

年度末ででも気付ければまだ軽傷で済むケースもあるでしょうが、
最悪、ずーっと気付かないという可能性もゼロではありません。

毎月床屋に行く、伸びた髪を放置しないのと同じで、
毎月数字は確認しておくといいでしょう。

経理だけでなく家計簿も(できれば毎日など小まめに)。
年1より四半期、四半期より毎月、毎月より週一、毎日といった具合に。

放置すればするほど、傷口は深く、直しにくくなるものです。

そうはいっても、
現実問題として、時間をさけないといった事情もあったりします。

ただ、だからといってやはり放置はおすすめできません。
そういった事情と関係なく、放置することでのリスクは潜んでますので。

・マイナス残高になっていないか
・預金残高は整合しているか
は最低限見る癖をつけておきましょう。

その癖があってこその、経理、節税ですし。

ちなみに、
新しい取引があれば、うやむやにせず、その都度確認しておきたいところです。
金額の大きい取引(不動産など)は特に影響が尾を引く可能性もありますので。

「定期的」よりも「放置しない」ことを意識する

洗車を放置していたがゆえ、傷口は広がってしまっていたので、
その反省を踏まえて、職業柄っぽくお金(経理)に置き換えてわたしなりの考えを記事にしてみました。

できれば「決算や申告のタイミングで傷口が広がっていた」
なんてことがないようにしたいものです(もちろん気付かずスルーしてしまったなんてことも)

お金(経理)は、放置しないこと
・マイナス残高になっていないか
・預金残高が整合しているか
といったポイントは最低限見る癖をつけておきましょう(進行年度のためにも)。

■編集後記
今日は朝タスク、日中は外勤、セミナー受講など。
セミナーは内容もそうですが話し方なんかもいい刺激になってるなあと。

■息子(7歳11か月)
今日で2年生最後の受業。たくさん勉強道具を持って帰ってきてました。
明日は終業式(息子本人は春休みどうやって過ごすかで頭がいっぱいみたいです)

■1日1新
・とあるセミナー(DX関係)

  • URLをコピーしました!
目次