「気にしすぎ人間」でも電卓使いを辞めれた理由。

  • URLをコピーしました!

税理士や会計士であれば持っていると思われるものに電卓があるかと思います。
勤務時代はあたり前のように使ってました。テンキーと両方持ってた時期もあります。
でも今はどっちも辞めれました。

目次

電卓は会計士受験生の頃から、テンキーは監査法人に入ってから

電卓は会計士の受験勉強をはじめたときに受験予備校の売店で買ったのが初電卓でした。
大学は理系で当時使っていたのは「ポケコン」。平方根などが計算できるものです。
※ポケコン(ポケットコンピューターの略)

電卓は財務会計の簿記や管理会計、経営学で必須のアイテムでしたから、SHARPの12桁表示の電卓を愛用してました。
故障に備えて予備の電卓もありました。
監査法人に入ってからも電卓は必須のようなものです。
監査するとき計算のチェックで使っていました。

テンキー(ノートPCにUSB接続するタイプ)も監査法人に入ってしばらくしてから購入しました。
当時一緒に仕事していた少し上の先輩に
「入力遅いねー、テンキーの方が圧倒的に早いから買いな」
と言われたことがきっかけです。

そんなわけで、わたしの電卓歴は15年超、テンキーは3年くらい使ってました。
電卓はさておき、テンキーはどうにも好きになれず、すぐにやめました(それでも3年は使ってますが)。

独立してから、テンキーはもちろん、電卓もほぼ使っていません。
その理由は、Excelの方が断然早いし、効率的だからです。

同じ目的ならExcel一択。でも電卓をなかなか辞めれなかった理由

電卓は紙やPDFの資料の数字を見て、足し算などの簡単な計算をするときに使うことが多いはず。
同じ計算をするなら、結果的にExcelの方が早いし楽です。

Excelだと金額を入力し、簡単な数式や関数を使えば計算できます。
仮に数字の入力がどこかで間違っていたとしても、Excelの方がどこで間違いがあったかすぐにわかります。
数式や関数をコピペすれば転用もできますし、なにより応用がききます。
電卓だと入力を間違ったとしても、どこでうち間違ったかすぐにわかりません。結局初めから打ち直すことになります。

同じ計算をするという目的であっても
電卓→どこでミスしたかわからず、やり直す、荷物が増える(忘れる)
Excel→どこでミスしたか履歴でわかる、応用がきく
という違いがあるわけです。
ここまでくれば、電卓を使い続ける理由がむしろ見当たりません。

勤務時代から使っていたのはExcel。
ですが、電卓は持ち歩いてました(デスクに出して置いておく)。
なんとなく、他人の目線が気になったからです。
「電卓忘れたなんて、やる気あるの?」と。

そんな理由から「ちゃんと電卓持ってきてますよ」という意味を込めて
なかなか手放せませんでした。

電卓使いを辞めれた理由

テンキーも電卓も計算して入力するための一つのツールです。
これに代替できてしかもほぼメリットしかないツールはExcelですね。
ただ、わたしのような「気にしちゃう」タイプの人間にとって、
・ずっと使ってきたもの
・他の人が当たり前のように使っているもの
をやめるには、ちょっとした心のハードルがありました。

それが今では
・テンキーいらない
・電卓もたない
でも全く気になりません。
他の人の目が気にならなくなったということもあるかもしれませんが、
一番のきっかけは、独立したことかと。
他の人の目を気にせずに自分の気持ちに正直になれますし、
たいていのことは自分で動けばいいだけです。

■編集後記
今日は朝のタスク、そのあとは外で仕事を。
16時にはもう真っ暗ですが、雪が積もると明かりが雪に反射してそこまで暗く感じませんね。

■息子(7歳8か月)
「パパはサンタさんに何お願いしたの?」と聞いてきた息子。
「Jeep(車)だよ」と答えると、
「靴下に入らないじゃぁーないか」とジョジョ風のツッコミを受けました。

■1日1新
・楽天銀行口座
・楽天2枚目カード

  • URLをコピーしました!
目次