あえて”まとめ買い”しない理由。体験する機会を失わないメリット。

まとめ買いしたブラックサンダー
  • URLをコピーしました!

日常の買い物でもまとめ買いできるものはまとめて買っています。
この”まとめ買い”は、「なんだか心が豊かになるなぁ」という効果もありますね。

目次

まとめ買いはしない

まとめ買いするモノといえば、食料品であれば賞味期限に余裕のあるもの。
日用品や消耗品であれば、よく消費するものでしょう。

まとめ買いをすれば節約にもなります(量やお店にもよりますが)。
消費するのがわかっているのであれば、その都度買い物に行くよりもまとめて買っておいた方がお金だけでなく時間も節約できお得です。

まとめ買いにはこうしたメリットがあります。
ただわたしは”ほぼ”まとめ買いはしていません。

まとめ買いしない理由

まとめて買うことには後々楽ができる、お得感というメリットがありますが、
わたしは ”ほぼ”まとめ買いはしていません。
その理由は、
固定化してしまう
からです。

たとえば、靴下などの衣類は単品買いです。
よほど気に入れば同じものでいいのでしょうが、
他の靴下で、よりいい商品があっても体験することができません(靴下に限らずですが)。

もちろん、「わざわざ他を体験するまでもない!」くらいに
既に気に入った商品に出会えていれば、それはそれでいいことだと思います。
ただ、他を知らずして体験する機会を減らしてしまったら、それはそれでもったいないことかと。

「これは!」という体験でない限り、違う商品を体験してみたいものです。
そのためにも、まとめ買いはしていません。

”ほぼ”まとめ買いはしないと冒頭で書きましたが、これには例外があるためです。

それは「結果的にまとめ買いになっている」というものです。

わたしの場合は、
・CleaRex
 → 上記の体験を通じて「これは!」という既知のお気に入り

・本(ビジネス書や実務本)   
 → 気になるジャンルは数冊まとめ買い
そして

・好物(甘い物)

は、結果的にまとめ買いしています。

あえてまとめ買いしないメリット

いまの世の中いろいろな商品が購入できます。
ネットを使えばその選択肢はもっと広がりますし。

「これは!」という商品と出会えていれば、それはそれでいいことですが、そうでなければ、いろいろな商品を体験してみてはどうでしょうか。
その体験を通じて「これは!」に出会えればいいわけですから。
あえて「まとめ買いしない」のもおすすめです。

【参考】
上記で例に出した「ClerRex」は、肌が弱く乾癬もちのわたしでも平気な全身ボディソープです。
肌が弱く、合ったボディソープ が見つからないという方がいらっしゃれば是非(個人差はあるのでしょうが)。

  • URLをコピーしました!
目次