サブスクリクションという固定費の罠。契約の必要性は定期的に見直す

再開発が進むさっぽろ駅の周辺
  • URLをコピーしました!

サブスクリクションは便利で定額(+低額)なサービスです。

だからこそ気付きにくいという性格があります。
定期的に見直しましょう。

目次

サブスクリクションの罠

サブスクリクション(サブスク)は便利です。

月額〇〇円の定額で見放題、聴き放題、使い放題。
つい契約してしまいます。
年払いが月払いよりも割安になっているというところも今さらながらよく考えられているなと。

長期にわたって使い続ける前提がなければ、
ちょっと割高でも月払いではじめてみよう
という消費者心理をよくついています。

使ってみたいサービスがあれば、まずは月額プランなどでつい契約しがちではないでしょうか。

しかもそういったサブスクリクション。
NETFULIXなどのネット関係だけでなく、有料のアプリやソフト、保険などいろいろです。

あれこれと契約してるうちに、
気付けば「あれ、なんか出費が増えてない?」と。

いつの間に固定費が膨らんでしまう、そんな罠がサブスクリクションにはあるのものです。

必要ない契約は減らしていく

こういったサブスクリクションはクレジットカードで決済することがほとんどではないでしょうか。

そして、クレジットカード決済の場合、何にいくらかかっているかが目に見えにくいものです。

そもそもカード明細の中身まで目をとおさないというケースも多いでしょう。
目を通していたとしても、気にもとめないという、気付かないという可能性もあったりします。

手始めに、まずはクレジットカードの明細を月別に見比べてみるのがいいかもしれません。

わたしはExcelで縦軸の行をサブスクリクション(固定費)、横軸(列)を月で並べた一覧にしており、
毎月妻と共有してます。

別にExcelでなくてもよいのですが、
目に見える形で並べる、比較する というのが有効です。

わたしの例ですが、
今年、ジョジョ6部(ストーンオーシャン)のアニメ見たさに我慢できず契約したNETFLIXがありました。
やがて放送停止となってしまい、ほぼ見なくなっていました。

ただ毎月月初に事務所と家計全体の経理で気付くことができ、解約できたということがありました。

AmazonPrimeの会費の重複(いつのまにかダブって会員になっていた)ということもありましたが、
すぐ解消できました。

契約する瞬間は必要があって契約しているわけですが、
現在進行形でも必要とは限らない契約も以外にあるものです。

定期的に必要ない契約が残ってないかはチェックしてみるといいでしょうね(理想は毎月ですが)。

売上にばかり目がいきがち

事業をしていると「売上」にばかり目がいきがちです。

売上も確かに重要です。
ですが、売上が増えることと利益が増える(お金が増える)ことはイコールではありません。
売上-(変動費+固定費)=利益 です。

逆に、
売上がたとえ増えなくても、固定費が減れば利益を増やすことも理屈上不可能ではありません。

利益を増やし、税金を払ったうえで使えるお金という財産を増やしていきましょう。

■編集後記
今日は朝タスクのあと、とある準備。
午後は息子の受業参観、キーボードの視察にビックカメラへ。
RAZARのキーボードの打ちごごちが思いのほか良く。買うかもです。

■息子(8歳5ヶ月)
・今日は授業参観でした。しかもちょうど日直当番。
 家では見せない「日直!」らしい対応に驚きました。
「きおつけっ、これから算数の受業をはじめます」とイキイキと話してました。
子供と接するとパワーをもらえます(家だとパワーが減り気味ですが・・・)

■1日1新
・息子受業参観

  • URLをコピーしました!
目次