「自宅だから生産性が高まる」を目指す。デフォルトからオリジナルへのススメ

オリジナルの教材(息子の好きなデロリアン)
  • URLをコピーしました!

学生や社会人、そして独立後もオンラインで自宅にいる時間は増えている方も多いでしょう。
自宅の場合「集中できない」、「いまいち進まない」がゆえ、「イマイチ生産性が上がらない」と感じることもあるものです。

そんなときは、「自分好みの空間(スペース)となっているか」見てみましょう。
デフォルトのままをオリジナルにすることで解決できるかもしれません。

目次

多くはデフォルトのまま

デフォルトとは、いわゆる初期の状態。ノーマルとも言えます。
つまり、誰の色にも染まっていないようなもの。

誰の色にも染まっていないので、いわゆる無地・無着色。
「無地が好み」という方もいらっしゃいますが、
そうでなければテンションは上がりにくいものです。

テンションがあがらず、
・集中できない
・予定どおりに進まない
となってしまうのは、どなたでも避けたいところでしょう。

デフォルトの状態がその原因だとしたら、
非常にもったいないことでもあります。

ではどうすればよいか。
答えは簡単。

無地に色を塗ればいいのです。
それも自分好みの色を。

そうすればデフォルトからオリジナルの空間(スペース)を作ることも可能なはずです。

「オリジナルを作るだなんて、なんだか大変そう」

と思われるかもしれません。

ただ、ここでいうオリジナルは決して大袈裟なものではありません。
ちょっとした事なんです。

ちょっとしたことでデフォルトからオリジナルに環境を変える。
というものです。

では、その「ちょっとした事」についてわたしの場合を紹介します。

オリジナルを取り入れる効果

わたしの場合、自宅兼事務所で仕事をしています。
外に出る機会はもちろんありますが、やはり自宅仕事は快適です。

なぜ快適かというと、それは「ちょっとした事」を取り入れているから。
わたしのちょっとした事とは
アイテムを揃える(買い替える)
家族の写真を飾る
整理整頓(そうじ含む)

「えっこれだけかよ!」
というツッコミは甘んじてお受けします。

まず、「アイテムを買い替える」です。
IT機器(モニター、パソコン)やITツール(ソフトやアプリ)は割ととっつきやすいものです。
もちろんお金はかかってしまいますが、そこは必要投資だと割り切るしかありません。

性能がなるべくいいパソコン、ストレスが無くなるデュアルディスプレイとモニターアーム)で効率は格段に上がりました(過去にこんな記事も書いてます)

IT以外では、お気に入りの文房具などでもいいでしょう(あまり使いませんが)。
デザインや色が気に入った文房具だけで気分が違ってくるものです。

また、趣味に関するアイテムも効果があります。
わたしは趣味の車(ミニカー)やジョジョ(漫画)グッズを置いて、ちょっとした合い間に眺めています。

そして家族(子供との)写真も。

こういった生産性に直接関係のないアイテムを取り入れ、
自分色に染めることで、逆に生産性は上がりやすいと感じてます。

そして重要視しているのが「整理整頓(そうじ含む)」。

いくらアイテムを揃えて、自分色に染めたオリジナルの空間(スペース)を作ったとしても、
物がグチャグチャ、ホコリがかぶってる、ゴミが放置 では、台無しとなりがちです。

確かに面倒ではありますが、毎日の習慣に取り入れるだけでも
デフォルトからオリジナルにすることの効果を実感できるはずです
(わたしは毎朝の床そうじ、ふきそうじは欠かしません)。

「楽しめるか」がポイント

「ちょっとした事」でオリジナルの空間(スペース)を整えるのが一番効率がいいと考えています。
なぜなら、
楽しめる
からです。

逆に「楽しめない」のであれば、それは自分の色に染まっていないオリジナルなのかもしれません。
「”楽しいか”なんて考えていいの!?」と思われるかもしれませんが、
楽しいからこそ、オリジナルの効果はあるものです。

過去にこんな記事も書いています(もしご興味があれば)

オリジナルを取り入れ、自分好みの空間(スペース)をつくっていきましょう(ちょっとづつでも)。
・デスクまわりに趣味につながるアイテムを取り入れる
・普段使うアイテムに趣味を取り入れる
・好きな人、グループ、家族の写真を取り入れる

そして、
・集中できない → 集中できる
・予定どおりに進まない → 予定どおり進めれる

を目指していきたいところです。
何より、その過程を楽しめます。

■編集後記
今日は朝タスクのあと会計士業を中心に。
朝、窓の外を見ると雪が真横から降るくらいの猛吹雪。
公共交通機関はJRや飛行機で運休続出のようです(自宅しごとなので影響ありませんでしたが)

■息子(7歳10か月)
昨日一緒にデコレーションケーキを手作り。
卵を割る、スポンジ作り(混ぜる)、生クリーム作り(混ぜる)、デコレーションまで
一緒に楽しめました。
生クリームは失敗し無味(グラニュー糖を入れ忘れた)。再チャレンジし、美味しくできました。

■昨日の1日1新
・息子とケーキ作り

  • URLをコピーしました!
目次