朝と夜の時間の使い方。その日の充実感はまるで違う

コメダのナポリタン
  • URLをコピーしました!

家族との時間、仕事の時間、自分の時間。1日はこうした時間の積み重ねでもあります。

365日休まずとはいきませんが、充実感の得られる日というのは1日でも多いこしたことはないでしょう。
朝と夜の時間の使い方で、そうした日が増えるかもしれない というお話です。

目次

充実感がある日とない日

1年を充実した年にするためには、365日の1日1日をいかに充実した日だったかと言い換えてもいいはずです。
ただ、そうはいっても「毎日が充実」するというのは、ムリゲーの如く難しいものでもあります。

「今日は充実した日だったー」と感じる日があれば、
「なんだかモヤモヤするな・・・」という日もあったり。

たとえば、1週間のうち4日は満足、残り3日がダメな日だったとして、
トータルでいえば半分以上が満足。

「トータルで半分以上達成できてるならいいじゃない!?」
と思われる方も一定数いらっしゃるかもしれません。

ただそうはいっても、充実した日とモヤモヤした日で襲ってくる
反動(リバウンド)は避けたいところです。

反動は、精神的にも肉体的にも不調の原因にもなりやすいです。
できれば波のない平たんな状態で日々過ごしていきたいという気持ちがあります。

そのためには「朝」と「夜」の過ごし方、
つまり、一日のはじまりと終わりの時間の使い方が大事だなあと。

朝時間が勝負

独立する前の勤務時代は就業時間というものがありました。
始業時間~終業時間までは就業時間=仕事する時間。

仕事をする時間帯が決まっているので、
ある意味、この時間帯さえ気にしておけばよいわけです。

朝は始業時間に間に合うように、
夜は次の日の始業時間に間に合うように と。

始業に合わせてタイムスケジュールさえしておけば、支障ありませんでした(基本的には)。

ただ独立すると、この「仕事をする時間帯」というものはあってないようなものです。
・何時から仕事するか
・何時まで仕事するか
・そもそも今日、仕事するか
こういった時間を決めるのは自分自身です(もちろん仕事の内容によりけりですが)。

ここで、ある一日の達成感をどうすれば充たしやすくできるのか考えたとき、
「朝の時間をいかに有意義に過ごせたか」で大きく違ってくるとなと。

独立して間もないころは、勤務時代と変わらず始業時間に間に合うように
・7時に起床→身支度→子供のサポート→朝食→仕事
という流れでしたが、

今(記事執筆現在)では、
・5時頃に起床→仕事(朝タスク)→家事・身支度→子供のサポート→朝食→仕事
という流れにしています。
つまり、朝の時間を2時間くらい増やした形に。

早朝は脳が活性化しやすいとよく言われますし、
ひとり仕事をされている複数の方のブログでも、早朝の時間の大切さが紹介されたりしています。

実際にやってみると内省型のわたしにとって朝のメリットはあるなと(妻と子供はまだ寝てるので)。
ちなみに朝タスクとしてやっているルーティンは、
・情報整理(メモアプリ、メール、フォルダ)
・時間管理Excel(タスクシュート式)
・タスク管理Excel(ガンチャート式)
・経理Excel(個人事業と家計の全家計)
・Feedlyチェック
・自己堅持リスト(やらないこと、選択ミス、禁句、失敗、やりたいこと)
といったものです。

集中できる朝の時間をあてることで、その日の達成感(充実感)は大きく違っています。

夜時間も勝負

達成感(充実感)を得るには、一日をどう締めくくるかも大事です。
独立したての頃は、それこそついつい仕事してしまっていました
(達成感を得るため、というよりも不安を紛らわすためといった方が近いかもしれませんが)。

ただ、夜に張り切ってしまうとその反動(リバウンド)も起きやすいものです。
・眠れなくなる(眠りが浅くなる)
・夜更かし
・翌朝起きれない
・リズムが狂う

夜にムリしてしまうと次の日に影響してしまいます。
ときには体調を崩す原因にも。
ひとり事務所の場合は絶対に避けたいところです。

そこで、寝る前の時間帯は好きな事や趣味に没頭するようにしています。
頭の中を強制的に切り替えるイメージです。

好きな事をしてあとは寝るだけなので、
一日の達成感(充実感)は格段に上がるはずです(睡眠の質も)。

朝時間と夜時間が大事

その日その日を充実しやすい日にするには、
・朝の時間(スタートダッシュ)
・夜の時間(リフレッシュ)
の使い方がやはり大事かなと。

朝と夜を気にしてさえおけばおのずと生活のリズムも保ちやすくなるはずです。

1日は24時間。
その時間をどう使うかによって、その日得られるであろう充実感は180度変わってくるかもしれません。

■編集後記
今日は朝タスクのあと会計士業を。
外出ついでにランチはコメダのナポリタン。絶品でした。

■息子(7歳11ヶ月)
もうすぐ誕生日ということもあって、学校でお誕生日会(ありがたいことです)。
お友達や先生方からの寄せ書きと色紙でつくられた花束をもらったようです。
寄せ書きには息子の好きなモルカーとデロリアンが(細かいところまでありがたいです)。

■1日1新
・ナポリタン(いつもと違うコメダの店舗で)

  • URLをコピーしました!
目次