独立を迷ったら考えておくべきたった一つのこと。

北海道の木製パズルで遊ぶ息子
  • URLをコピーしました!

独立しようか迷ってる、そんな相談もちらほらあります。
迷ったら「どういう生き方を望むのか」をじっくりと考えることがおすすめです。

目次

独立するかしないかで迷うということ

独立しようか、どうしようかって、当然迷う問題ですよね。
人生を変える、いわば一大イベントなわけですから。

・仕事があるか(依頼があるか)不安
・食べていけるか不安
・老後の不安

こういった不安があればあるほど迷うはずです。

ただ、この不安。
正直「付き物」です。

独立に限らず、経験したことのない未知の世界って
どんなものでも不安は不安ではないでしょうか。

そう考えると、ちょっと気が軽くならないでしょうか(わたしだけかもしれませんが)。

独立に迷っているとしても、
その迷いが不安からきているのであれば、
そもそも迷って当然。そう考えてみましょう。

もしかすると、それだけで迷いはなくなるかもしれません。

そして、
不安は抜きにしてもやっぱり迷いがあるのであれば、
「どういう生き方を望んでいるのか」
に焦点を当ててみるのがおすすめです。

どういう生き方を望むのか

「独立」は望む生き方を実現できる、そんな可能性があるひとつの道です。

ただ、その道も
・どんどん拡大したい
・人を雇って立派なオフィスを構えたい
という道を選ぶ方もいるでしょうし、

わたしのように、
・生活していける+αの売上を確保したい
・ひとりビジネスで自宅兼オフィス
という道を選ぶ方もいるでしょう(少数派かもしれませんが)。

もちろん、どの道が良くて、どの道がいけないという話ではありません。

確かに独立しようかどうかはとても悩むことです(上記の不安を除いたとして)。
人生の最たるターニングポイントにもなりますから。

だからこそ、悩んだときは
・自分がどういう生き方を望むのか
・その生き方の手段としての独立か

を今一度じっくり考えてみるのもいいでしょう。

「どういう生き方を望むのか」は人それぞれです。

だからこそ、自分で見つけるしかありません。

ただ、自分で見つけるのもこれまた簡単ではありません(わたしだけかもしれませんが)。

「望む生き方を知る」というステップ

自分の望む生き方。
一度立ち止まってじっくり考えてみるステップは大切です。
そのステップを踏むか踏まないかで、方向性も定まりにくいですから。

まずは、自分を知るところから。
自分史などで過去の経験、嬉しかったこと、喜ばれたこと、イライラしたことを棚卸しし、書き出してみるのがおすすめです。

書き出した自分史には、自分が望む生き方のヒントはきっと眠っているはずです。

そして、ひとりで抱え込まないこと。

家族(妻や夫)や知人、あるいは第3者に話を聞いてもらう
それだけでも、頭の中は整理されますし、
話すことで、自分の望む本当の生き方を深堀りすることもできますから。
(わたしのときも妻、知人に話したことで、こういう経験もしたので)

■編集後記
朝タスクとHPサイトのカスタマイズ、午後はとある研究。
昨日21℃→今日10℃で気温差が・・。さすがに冬服に戻しました。

■息子(8歳0か月)
3年生の新クラスになって今日で3日目。
3日続けて学校に行きたがらず・・・。
聞けば、先生とクラスメイトが変わったことが原因のようで。
近く様子を見に行こうかと。

■1日1新
・極カフェオレ(丸福珈琲店監修)

  • URLをコピーしました!
目次