甘い物考察:第1回 パフェがなぜ好きなのか

雪印パーラーのショーケース
  • URLをコピーしました!

唐突ですが、甘い物に目が無いわたし。
中でもパフェは大好物でして。
「〇〇パフェ」であれば、「〇〇」はなんでもOKです。そのくらい好きなのです。

先日、たまたま雪印パーラーを通りかかったのですが、その時こう思ったのです。

こんなに「パフェ」が好きなのに、なんで好きなんだ? 全然詳しくないし・・・・

最近太り気味なので、食べるだけでなく、書く方でも「甘い物」はどうかな とも思いましたが簡単に整理してみました。

目次

パフェは好きだけど、サンデーはそうでもない理由がわかった

今まで「パフェ」と呼ばれるものを好んで食べてきました。
その変わり「サンデー」と呼ばれるもの。似ているスイーツではあるのですが、特に興味なしでした。
違いを整理してみると、その理由がわかってきました(なんとなく)。

パフェ
サンデー
  • 1910~20年代にフランスで発祥
  • フランス語「パルフェ(Parfait)」
  • 「完全な(デザート)」の意味。はじめはムースだった。

  • 深めのグラス
  • 量が多め
  • 1890年にアメリカ発祥
  • 英語「Sundae」
  • 日曜日限定メニューだった→「Sunday」。
    後に宗教上の理由から「Sundae」に。
  • 浅めのグラス
  • 量が浅め

「深めのグラスで量が多い」。つまり量が多いから好んで食べていたのです。。。
生クリーム=パフェ、アイスクリーム=サンデー と思っていましたが、どうやらこの違いではなかったようです。
ちなにみ、トッピング(チョコ、バナナ、イチゴetc)の違いもありません。

生クリームが好きなので、今まで食べてきたものが、たまたま生クリーム主体だったので、生クリーム=パフェと認知(わたしの中で)されていたようです。
日本では、パフェであろうがサンデーであろうが容器と量が違うだけで中身は一緒だったとはまったく知りませんでした。
(これからも生クリーム主体のものしか食べないと思いますが・・・)

好きこそ物の上手なれ。「なぜ!?」を大切にしていきたい

今回の記事は唐突にわたしの好物について書いてみましたが、それには理由があるのです。

先日受講した某セミナーで講師の方がこう仰っていました。
「興味や関心があることをとことん勉強する」
「興味や関心があるからこそ、勉強は苦にならない、勉強している感覚にもならない」
「深く学ぶことでそれが強みになる。誰にも負けない個性になる」

興味や関心があるのなら、仕事に必ずしも直結するジャンルでなくてもいいし、
むしろとっつきやすいジャンルがいいと勝手に拡大解釈したので、甘い物を選んでみた次第です
(某セミナーでは仕事に関連性があるITや仕事術系をジャンルとしてお話されていました)

どんなジャンルでも興味があることは、少しの時間でもいいから調べて学んでみるのもいいものです。

■編集後記
祝日でしたが自宅で仕事をしました。
お客様から信頼していただく、安心感をもって依頼いただくためにも、どうすればわかりやすいか、
理解いただき易いかをよくよく考えなければなりません。
そのあとはITのセキュリティ関係についても。独立するとセキュリティ面も自分で勉強が必要ですね。

■息子7歳3か月
今日から「仮面ライダーセイバー+機界戦隊ゼンカイジャー」が劇場で公開されました。
きのうの夜に息子と見に行く約束をしていましたが、今朝になって「別にいいや、おうちでゴロゴロしてたい」と。。
昨日は終業式で、猛暑のなか、教室を大そうじしたそうで、雑巾がけを一生懸命していたので、疲れがたまっているのかも。
明日はおばあちゃんのお家に行く予定です。

■今日の甘い物
・・・食べてない。これを機にダイエットしようかと。

■1日1新
DropBox(bata版 無料版)

  • URLをコピーしました!
目次