見えない不安を減らすためにじぶんの数字を見る

曇り空の暗闇に光る街頭が眩しい
  • URLをコピーしました!

フリーランスとして独立すると見えない不安にかられることもあるでしょう。

見えない不安を減らすためにもじぶんで数字を見ることがおすすめです。

目次

見えないからこその不安

数字の扱うしごとをしていると、
・税金でどれだけお金が出ていくかわからない
・そもそも利益はちゃんとでてるのかよくわからない
・なぜかわからないけどお金が足りない

ということを耳にします。

なぜこうなるのかといえば、毎月経理をし数字を見ていないからです。

税金はどれだけ利益が出たかで変わりますし、利益は売上から経費を引いた差額です。

売上だけ見ていても、経費がいくらかかっているかわからなければ利益がでてるのかどうかもわかりませんし、
利益がわからなければ、どれくらいの税金負担がありそうかもわかりません。

真っ暗な山道をずっと走りつづけてるようなものです。

見えないからこそ不安にもなりますし、見えないことこそ恐怖です。
誰だって不安になります。

見えない不安に対処するために現在地を見て予測する

経理といえば、
・税金を納める義務があるからしかたなく・・・
・やっても売上につながらないし・・・
・細かくて面倒そう・・・

のように、どちらかというとマイナスに捉えられがちな仕事です。

ただ経理で数字を使えれば、現在地を知ることができますし、現在地がわかれば予測も立てやすくなります。

なんとなくではなく、現実的な計画もたてやすくなり、計画との比較から見えてくることもあるものです。

見えない不安に対処するなら、まずは今の現在地がどこなのか、このまま進むとどうなるかを予測することは欠かせません。


毎月経理すれば売上も経費もいくらかがわかります。
売上-経費=利益ですから、利益が出てるのかどうかもわかります。

月別の推移や計画があれば計画との比較するというように、数字を使うことができるわけです。
なにも正確な数字である必要はありません。
ざっくりと全体像を見るようなイメージでも何かしらの気付きはあるものです。

また、ざっくりとでも利益の予測ができれば税金がどれくらい出そうかも税率を掛け算すればわかります。
税金もざっくりとでも予測できていれば、あわてずに準備もできます。

そして毎月経理をすることでお金がどれくらいもちそうかもわかるものです。
・今これを買ってしまって大丈夫だろうか
・未入金先に催促するか
・借入すべきか
のように次の一手を打つきっかけにもなり得ます。

見えない不安を減らすための経理

フリーランスとしてひとりで独立すると、独立前とは違って内部で相談できる人はいません。

不安を打ち崩し、じぶんで決断していかなければなりません。

目の前の仕事、売上に直結する仕事に追われ、数字にまで気が回らないかもしれません。

ただ、目の前の仕事だけでは気づけないことがあるというのも事実です。

だからこそ経理をし、数字を見ています。

数字を見ているからこそ、決断できることがあるからです。

わたしは独立してから毎日の数字記録と毎月の経理で数字を見ています。
もし、やっていなかったら、利益もわからず、見通しもつかず、お金の不安も相当なものだったはずです。

毎月経理をしているからこそ、現在の数字も見通しもわかります。
もちろん、仕事がなくなるかもという不安は尽きないわけですが。
お金についても、真っ暗闇で見えないわけではなく、不安を和らげてはくれています。


独立すると「生活していけるのか」という不安はただでさえ付きものです。
そうでない不安はせめて減らしていきたいところです。

■編集後記
今日は朝タスクのあと自宅で会計士業、事務所HPのメンテナンスと記事執筆、夕方はプライベートの予定をこなしに外出でした。

■息子(8歳7ヶ月)
毎週火曜日は学校の体育がある日。今日も楽しみに行くのかと思いきや、そうでもなく。
ふと考えると、先週金曜ときのうお休みしたので、4日ぶりの学校でした。
「休み明けの学校=息子しぶる」で納得しました(納得できたからいいというものでもないですが)。

■1日1新
・Book Notion

  • URLをコピーしました!
目次