売上は見るけど求めすぎない生き方。求めるのは必要利益と時間。

ごはんと縄張りを求めるネコ
  • URLをコピーしました!

売上は見ていますが、求めすぎないようにしています。

求めれば利益も増える可能性はありますが、それよりも失うものの方が大きいと考えているからです。

目次

独立したら売上拡大を求めるのが通常という世の中

独立したら売上拡大を目指すというのが世の多数派といっても、決して言い過ぎではないはず。

わたしも独立した直後のあいさつ回りのときから、その後の生活の中でそう感じる出来事が何度もありました。
・がんばって事務所大きくしてね
・何人雇ってるの?
・事務所はどの辺?

会計事務所向けの営業を受けるときも
・どんどん拡大
・顧問先はどれくらい?
・すぐに年商〇万円!

拡大する方向性がやはり通常なのかなという印象です。

実際、リスクを負ったうえで独立し、ビジネスをはじめていく以上、
どんどん拡大を目指すのはむしろ物凄いことです。
目指すべき方向性というのは、リスクを負って独立した人それぞれ、どの方向性かを決めるのもひとそれぞれです。
決して誰からも否定される筋合いのものではありません。

ただわたしの場合は売上拡大は求めないと独立時から決めているだけです。

・がんばって事務所を大きくしてね → その気持ちはありません
・何人雇ってるの? → 雇う気持ちはありません
・事務所はどの辺? → 自宅です

事務所を大きくするとは、それだけお客様の数がどんどん増えるということですし、
そうなれば人を雇わなければ立ち行かなくなることは目に見えています。

人を雇うために、広くて快適なスペースかつ、良い立地の場所を確保しなければならないはずです。

そうなればそのコストをまかなうためにもっと拡大となるかもしれません。

わたしにはこういった拡大志向はもともと向いてないことはわかっていたので、
独立を考え出したとき「そもそも独立してやっていくこと自体が無理なんじゃないか」と考えた時期もあったりしました。

それでも独立してやってきています(何とか)。

それは自分で決めたルールがあるからです。

売上を拡大できたら利益も増えるのか

仕事をする以上、売上がまったくないというのでは、そもそも生活ができなくなります。
それゆえ、それなりの売上は必要です(この「それなり」が難しいのですが)。

ただ、「それなりの売上が必要」ということと、
そのためなら「どんな仕事でも受ける」ということとは
別のはなしです。

たしかに、どんな仕事でも断ることなく受けていれば、売上を増やすことはできるでしょうが、
利益はどうか。

仮にどちらも増えるとしても、そのバランスをとるのはとても難しいと感じます(わたしの場合は)。

たとえば、人を雇っていたとして、
自分が「家族との時間が欲しいから残業しないので。あとのことはよろしく!」
とは絶対に言えません。

そればかりか、
・「もっと働きやすい環境にしなきゃ、いい人材なんか来てくれない」
 と、仕事も手に付かなくなるくらいモンモンとする

・「もっと効率的に仕事してっ!」
 と、喉まで出かかっているセリフを押し殺す自分にモンモンとする

こんなことが容易に目に浮かびます。

だからこそ、ある程度の売上以上は求めないようにしています。
会計士業であれ、税理士業であれ、ひとりと決めている以上、マンパワーに限界がありますし、
そもそも経費を抑えることができれば、売上を拡大せずとも利益は出せるはずです。

 売上 1000  ↔  売上 700
 経費  800  ↔  経費 300
 利益  200  ↔  利益 400
この例でいうと、目指すのは右側ということになります。

実際にこれができているかどうかは、毎朝と毎月月初に必ずやる経理(家計+事務所)でこの数字を見ていますが、
じっくり見ているのは経費と利益の数字です。

時間は拡大しない

わたしが独立した理由のひとつに”時間”の使い方があります。
「時間の自由度」というものです。

・平日にフラッと出かける
・夕食は家族と一緒にゆっくり食べる
・毎日お風呂は息子と一緒に入る
・早朝から仕事する
・ブログを書く
・家族の病院に付き添う

もちろん、今ある仕事によってはという日もありますが、
これらは独立してから確実に感じているメリットです。

仮に、売上拡大を目指して必要以上の利益も出せたとしても、1日あたりの「時間」はどうでしょうか。
かなりの高確率で仕事でいっぱいいっぱいとなり、今感じているメリットは味わえないでしょう。

これは何も独立したからという話ではなく、会社員の方であってもあてはまるかと。
残業代で手取りは増えたけど、家に帰って寝るだけの生活のように
(わたしも建設業での会社員、その後の監査法人で存分に味わいましたし)。

わたしはこういうのに強い違和感をもったので、
独立後を売上拡大ではなく、利益の拡大と時間を味方にする生き方を選びました。

この生き方を目指す道中真っただ中という感じですし、これからどうなるかなんてわかりませんが、
「あのとき、こーしとけばよかった」とだけにはならないようにとは注意しているところです。

■編集後記
今日は朝タスクのあとは、軽めの散歩をして自宅で会計士業を。
調べもの(IT関連)とスマホWebカメラ化のチェックも。

■息子(8歳6ヶ月)
今日は学校に朝から登校。
「今日の受業はなんだっけ?」と聞いてくるので、「こくご、さんすう、おんがくと時間割に書いてるよ」
というと「おんがくイヤだなあ・・」と。
あれだけ歌が好きなのに想定外の答えに驚きました。。
学校でなにかイヤなことでもあったのか、気になるので理由を聞こうかと。

■1日1新
・とある調べもの

  • URLをコピーしました!
目次