ネットで注文・決済したときに気を付けたい。ちょっとした会話で気付くこともある。

  • URLをコピーしました!

今やネットで注文、そのままクレジット決済までできるサービスがあちこちに普及しています。
amazonは普段からよく利用していますが、
はじめて利用するサービスもあったりしますね。
はじめての場合でも、画面の指示どおりに入力すれば、特に苦労することもなく楽に決済までできてしまいます。
ただ、ちょっと気を付けたいなと思ったことがありました。

目次

ネットで注文・決済

amazonなどのネットサービスでは、商品を選んで、金額と数量を確認して買い物カゴに入れ、確定→決済へと進めば購入できます。
ここで無意識にしろ、いちばん注意しているのは”金額”かと思います。
amazonなど、ほとんどのサイトでは値引きがある商品の場合、
・値引き
・値引き後の金額
・送料(無料か別途送料〇〇円)
といった購入金額の内訳を確認できます。

amazonをよく利用しているので、購入金額の内訳が特に意識しなくても確認できているわけです。

ただこの”意識しなくても確認できる”というのはメリットでもありますが、
はじめて利用するサイトのような場合は、ちょっとは意識しておくべきだなと感じました。

ネットで注文・決済 でやってしまった失敗

今日、とあるピザを夕食にと、
注文・決済→店舗で受取り という予約をネット(スマホ)でやってみました。

店舗に受け取りに行くと、ピザはちょうどできており、商品だけ受け取って帰宅。
ここまでは、よくあるはなしです。

ここからが本題なのですが(前置きが長くてすいません。。。)、
「おいしいから、けっこう高いんだね、1枚Mサイズで4,700円くらいだったよ」と妻へ話すと、
「それはおかしいよ」と自信満々な妻。

妻はそのピザ屋でネット注文したことがあり、その妻が言うには、
店舗で受取りの場合は、なんと半額とのこと。

1枚9,400円のピザなんて聞いたことありません(もしかするとあるのかもしれませんが)。

早速妻がピザ屋へ電話したところ、
システム障害で半額処理が未処理になっていたことが判明。
もちろん、店員さんが自宅まで差額を返金しに来ていただけました。
2,000円くらいの返金ですが、想像を膨らますとゾッともします。

ちょっとした会話で気付けた

今回はわたしが帰宅してすぐに妻に話したことがきっかけで、その日のうちに解決、事なきを得ました。
が、「もし妻に話していなかったら」「もし桁がもっと違う高額商品だったら」と考えるとゾッとしてしまいます。
ネットで注文・決済できるサービスが当たり前になったからこそ、気を付けるべきところは気を付けるべきだなと(わたしだけなのかもしれませんが)。

今回は家計のお金にからむお話でしたが、
出てきた数字に違和感を感じたら、自分ひとりで自己完結せず、まずは誰かに聞いてみることが大切ですね。
もちろん、自分で気付けなかったとしても、上司がいればその上司のチェックが砦です。

■編集後記
今日は丸1日息子と一緒に過ごせました。
映画を見たり、おもちゃを見に行ったり、遊んだりと。
キャプテンアメリカの良さが今になってだんだんわかってきました・・・

■息子(7歳6か月)
きのう約束した「 アベンジャーズ/エイジ・オブ・エルトロン 」をamazon primeで一緒に見ました。
以前は戦闘シーン以外は全く興味なしでしたが、最近は通しできっちり映画鑑賞するように。
こういったことからでも成長を感じることができますね。
午後はトイザらスへ。冒頭の写真のキャプテンアメリカのフィギュアを購入(わたし用として・・・)。


■1日1新
アベンジャーズ/エイジ・オブ・エルトロン
キャプテンアメリカ(フィギア)
とあるものをネット注文・決済
ブクログ

  • URLをコピーしました!
目次