体験に勝る気付きはなかなか得難い。気付きを得られる1日1新

  • URLをコピーしました!

独立や転職を考えるときに「好きなこと」や「興味があること」を仕事にしようということばがあります。
本当に好きか、興味があるかは、結局のところ実際の体験からでしかわかりようがありません。
1日1新はその体験。新たな気付きを得られるので継続しています。

目次

自己分析で注意したいこと

就職や転職そして独立。
人生の転機となるイベントは誰にでも起こり得るものです。
そのときに「自己分析」というものがありますね(「自分史」とも)。
「自己分析ってどんなことすればいいの?」というときは、
書籍やYoutubeなどの動画で手軽に学ぶことができますね。

ただ、数が多すぎて、結局「何すればいいの?」と銅像巡り。
そんな山手線ゲームから抜け出せないこともあります。

わたしもそうでした。
自己分析の本を色々買って読んでは挫折の繰り返し。
肝心な自己分析は一向に進まず。。

後述するようにもっとシンプルに考えてもいいでしょうね(今思えばですが)

くれぐれも
・「○○は嫌いだ」
・「△△は好きなはず」
と決め打ちしてしまうことだけは避けたほうがいいでしょう。
間口を狭めてしまったばっかりに、本当の自分を知るきっかけすら失ってしまう
そんな可能性もありますから。

過去の体験をアウトプット

そもそも自己分析は「自分自身」を見つめ直すことが本質ともいえるでしょう。
なので、「自己分析」を学ぶ(インプット)に、時間をかけすぎることは得策ではないかと。
肝心なのは前進(アウトプット)することです。

・好きか(興味があるか)
・嫌いか(やりたくないか)
をシンプルにアウトプットすればすっきりします。

手帳や日記、写真など、過去を思い出せるツールを使って
年表形式に箇条書きにしてみることがおすすめです。
過去にこんな記事も書いてるので興味があれば↓。

新たな気付きを得られる1日1新

・好きか(興味があるか)
・嫌いか(やりたくないか)
自分史だけでは正直はっきりしないことも多いです。
なにせ「過去」のことですし。

先の話はわからなくて当然。
まずはストレングスファインダーで自分の内面を知っておくことはおすすめです。
※書籍についているキーコードから診断することができますのでご興味あれば是非↓

  • URLをコピーしました!
目次