個人事業主(フリーランス)・ひとり事務所だからこそ無視できない。仕事の量とバランス

イチゴミルク(びっくりドンキー)
  • URLをコピーしました!

「人手不足」、「リソース不足」。こういった言葉を耳にしない日はありません。
仕事の量に対して人手が追い付かないという現象は、いつの時代にも存在する難問のように思えます。
難問ではありますが、個人事業主(会計事務所)・フリーランスの場合は、そもそも”ひとり”。
一見、関係ないお話かもしれません。
ですが、”ひとり”だからこそ無視できないお話もあります。

目次

人手不足に潜む2つのサイン

そもそも超高齢化社会で労働人口が減少しているという根深い問題はあります。
これはこれで大きな課題ではありますが、これはこれで他のネット情報に譲りここでは触れません。

大企業、中小零細企業、個人事業主、フリーランス。
それぞれ仕事量>人 の関係は珍しくもありません。

仕事の絶対量が、それをさばく人の数よりも実に多いのです。
こうなると、色々と悪影響が出てしまいます。

これにはおおまかに2つのサインがあると考えています。

拡大志向

売上を拡大したい、組織を大きくしたい。
経営すると当然、ビジョンは大きく、目標をもって経営されていますよね。
こういった拡大路線は人手不足に陥り気味です。

理想を言えば、人手をちゃんと確保したうえで、拡大していく方がいいのでしょうが。。

例えば、三国志(シュミレーションゲーム)だとこんな感じで進めます。
・ある程度の人数の武将を確保する
・戦力を整える(内政、資金、士気を上げる、訓練)
・いざ出陣
・領土を広げる
・武将を配置する(太守とその部下)

わたしは慎重派の人間なので、けっこう入念に地固めするほうです。
でも、やり方はひとぞれぞれで、地固めよりもいち早く領土を広げたいというひともやっぱりいます。

実際のビジネスでもこれは同じのように感じます。
地固めなんぞに時間を使っていては、チャンスを逸してしまう、ライバルに先を越されてしまう、
”拡大ありき”の予算を達成するため、突き進むしかなくなってしまいます。

(なんとなく続いてる)慣習

会社などの組織の場合、慣習ってものがたいていあります。
慣習自体を否定するつもりはとうていありません。
守っていきたい慣習も当然あります。
が、全部が全部そうかというとそうでもないと思うのです。

以前、関与した会社でこういったことがありました。

・何のために作られているかわからない社内資料を毎年淡々と作っている という担当者。
よくよく話を聞いてみると、
実は何年も前に他の資料で代替していて、今や誰も見ないし使ってもいない
・誰も見てない、使ってないことはわかっていたが、昔から脈々と更新されている資料なので作ってます
上司からも何も言われないし、作っといたほうが無難だから今まで作ってました。

よほどの理由が無い限りは、ムダな仕事です
(何も言わない上司も上司ですが・・・
その後、上司にお伝えし、その資料は廃止になりました)

創業してからある程度の歴史のある会社では、こういった現象も珍しくありません。
慣習は会社の社風やイメージに関わるものもありますが、その一方で、”悪しき慣習”というのも存在します。

上記は、なくなっても誰も困らないし、むしろなくなるべき仕事。
こういった慣習を見直す、仕事を見直すことも、大切ですね。
見直しはそれなりに大変ではありますが、その分、これから先での時間が生まれますから。

わたしのスタンス

わたし(個人事業主・フリーランスの会計事務所)としては、
仕事量>人 は目指していませんし、やろうとも思っていません。
そもそもひとり事務所なので、”拡大”は考えてもいません。
(拡大できたところで、それが幸せとは思わないです)

むしろ、自分の手の届く量、責任を持って関われる量と考えています。
最初から最後まで、一通り自分ひとりで関わってこそ、
「身近な相談役」として喜んでいただけるはずと信じているからです。
もちろん、”ひとり”の場合はすべて自分の責任。セーフティネットも考えなければなりません。
ただそれ以上に、お客様の悩みを直接、解決・和らげ、感謝されたい気持ちが強いです。

まとめ

個人事業主・フリーランスや中小零細企業の経営者は、ただでさえ、日々の仕事に追われがちです。
人を雇ったとしても、ずっと働いてくれるか、ウマが合う人かという保証もありません。

仕事の品質にも影響がでてしまいますし、
何より、働く意義を見失い、モチベーションも下がり、それこそ疲弊してしまいます。

限られた人数だからこそ、常に意識しておきたいです。

■編集後記
ここ1週間ほどブログの更新が滞ってしまい。。
やり方を考えなければ。。です。
日々、試行錯誤・軌道修正が大事と痛感してます。

■息子7歳5か月
コロナが心配ですが元気に通学。
お友達がつくってくれたアイロンビーズの「つるはし」を見せてくれ、
とても気に入っていました。
「つるはし」・・・マイクラ(ゲーム)のアイテムらしいです。

■1日1新
久々のブログ更新
(自身に課したミッションをこなせなかった罪悪感が少し晴れた)

  • URLをコピーしました!
目次